低用量ピル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新アニメ4話「ティーポット」感想

性懲りもなく大ジュンときらきーのマンガをry(まきまき原稿です)
ma109.jpg

原作未読のアニメ新規さんが見たら「何でこのヒトこんなにこの2人に固執してるの?」って感じだろうなぁ、と思いながら原作を読み返したら、「何で私こんなにこの2人にこだわってるんだろう…」と原作を読んでもわからない気分になりました。

いや、契約を迫るシーンからの一連の流れがアニメ化されればわかってもらえるはずだ。というか潜在的需要があるのではなかろうか、と言ったところ、雛月に「それもかなり限定された数の需要だろうけどね」とバッサリ切られました。さらに「何で、今は安定だけど何かあったら一瞬で崩壊しそうなカップリングにばっかりハマるの?」と哀れみの目で見られた…障害が大きいほど萌えは燃え上がるんだよ!


夏コミ行く前に書いてしまおうとメモを引っ張り出してアニメ感想を急ぎ書きましたが、いつも以上にとりとめもない内容です。

追記は右下→→→→↓のContinueよりどうぞ。
アバンは前回の続きで麗しい真紅さまからスタート。今回は真紅で始まる素晴らしい真紅回でした!
巻き毛ウィップはご褒美です。
ジュンの選択によってまきまきされる白茨。
一瞬だけ映るきらきーかわいい。

OPを挟んで現実の世界へ。
中学生ジュンと同じで真紅様をいじりまくりの大ジュン。
「やわらかい これ塩ビじゃないぞ」
原作だとウレタンだったはずなのですが、何で塩ビになったんだろう?
スポンサーに人形メーカーでもいるの?w
雛月に塩ビだとヤスリで磨く必要なくね?と言われた。うーん、どうなんだろう。
…てか、素材的にそれってダッ(禁則事項です)

真紅の起こし方がわからない大ジュンへゼンマイを示す有能な堀江さんことホーリエ。
大ジュン「まく?そうかこれのことだったのか!」
だから、なぜ「少女のつくり方」を読んでいなかったのかとw
やっぱりこのヒト説明書読まないタイプでしょw

ところでローザミスティカってやっぱり食べるものなの?

今週の絵本パートについて、「私」へのおみやげってもしやお人形さんだったり?

「貴女の部屋はどこなの?」とウロウロする真紅様。原作1巻を思い出します。
押入れでいきどまりかわいすぎるw
真紅様ドラえもんポジションだよね。

相変わらずカップめんばかりの大ジュン。裁縫ができるなら料理もできそうなものなのだけれど、この食生活が彼の無気力さを表しているような気がします。
裁縫も衣食住のひとつですが、食はもっとダイレクトに色々と現れるんじゃないかな。

仮僕宣言を受けて「ふざけるな」と叫ぶ大ジュンがちょっぴり中学生ジュンっぽい。

真紅さまの専用カップちっちゃくてカワイイ!この紅茶の移し方、よくこぼれないなw

そしてバイトに出かける大ジュンにびっくりする真紅様。
「バイト?」
「でかけてくるから」
「え、ええ」
はっとする真紅を残して大ジュン退場。
雛月とも喋っていたのだけど、「このジュン、普通に出かけられるんだ」っていう驚きですよね。
背伸びして机を確認して、ドアノブあけて風呂場へ…と探索する真紅さまカワイイなー-!

座ったまま苦手な暗闇の中で待つ真紅様。
何を想っていたのかな?
薔薇乙女が中学生ジュンの成長の一端を担っていることに自覚はあると思うのですが、こっちのジュンは薔薇乙女なしで大学生になっていて、外にも平然と出られるようになっていて。
だから大ジュンを巻き込みたくないって思ったんじゃないかなぁ。
自分の大切なヒトが自分抜きに普通に存在してるってどんな感じなんだろう。
のちの大ジュンは「僕だけの人形が何でいないんだ」と絶望しますが、このときの真紅もなかなかにショックというか複雑な心境ではなかろうか。
しきりに中学生ジュンを話題に出す彼女はとても心細かったのでしょう。

「これ買ってきたんだ食べない?」と真紅にケーキを差し出す大ジュン。
ペット飼い始めたひとってこんな感じだよね…w
急須で紅茶いれてるwそしてケーキでかいwこのサイズの対比がお人形さんって感じでいいですよね。

波打つ鏡が今後の展開を予感させます。

早起きの真紅さま、本棚を手でなぞったり、ジュンの靴をはいてよろけたり…。かわいすぎるううううう!
世界を確かめて、ジュンの成長を確かめて。
真紅とジュンの組み合わせはもちろん大好きなんですが、自分がカップリング的な方向で見ないのは真紅に母親的目線が備わってるからなんだろうな。ロリ淑女とはよくいったものです。
でも巻き込みたくなくても頼らざるをえなくて。
なんだかんだでティーポット要求したりなんだりって甘えてるんだと思うんだけどね。

ジュンと真紅のお手手繋ぎのシュールなイメージ映像w
「ありえないだろ~」逢坂さんの演技すきですw

ドンキっぽい店でいっしょにお買い物。
お買い物シーン楽しくて大好きです。
そして手芸コーナーで斉藤さんに遭遇。
真紅の斉藤さんチェック。恋人のような母親のような家族のような真紅さまです。
高い布地を選んだ斉藤さんに対して「こっちのにしたらどうかな」とアドバイスを始める大ジュン。
急に語るよーお前本当に根暗の元ヒキコなのかってくらい陽気だよーw
逢坂さんがもともと明るい感じの声質だからかな?

斉藤さんに会う前に「テーブルクロスはゴブラン織りにして」という真紅に対して、「そんなの知らないよ」と返す大ジュンですが、絶対わかってるのに面倒くさいから知らないフリしただろwと思っちゃいます。大ジュン、マジで服飾の道にいけばよかったのに…。

スクーター斉藤さんかわいい。

何もいわない店長は小さな大ジュンの変化を感じ取っているような気がします。
しかし店長のアップは吹いてしまうw

「なかなか可愛いガールフレンド」「中学の頃はもっと奥手」と絡む真紅さまに、まんざらでもない大ジュン。調子のりやがってw
そして誰得の大ジュンのシャワーシーン。大ジュン、元ヒキコのくせにガタイいいよねw
不穏な白茨が絡みつきますが、ニコニコのコメントでは「身体にうどんついてますよ」と流れてきて吹いたw

「わかっているわホーリエ。あとせいぜい七日」
この世界でのタイムリミットをつぶやく真紅さまに覆いかぶさるかのようにクモ状態のきらきー登場。
髪の毛が山岸由花子みたいになってるよーwそういえば由花子さんもヒトの話をきかないヤンデレであった。
千葉さんのウィスパーボイスがめっちゃ好きです。

次回はいよいよ銀ちゃん登場!しかもおそらく回想でめぐ銀結婚式!
そしてエンドカードは金銀!と最後まで萌がつまった回でした…幸せ。

拍手ありがとうございました~。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ご案内

同人サイト「はこのなかのイマジナリィ」の日記です。

カテゴリーリスト

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。