低用量ピル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローゼン展@パラボリカ・ビスにいってきました

夏コミ新刊セットおまけ用。ツイッターで公開してた途中経過より線太くなったので、ちょっと別物に…デフォルメ難しい。
夏コミ用バッグ2


会期おわってしまいましたが、ローゼン展の感想など!

物販はカナの紅茶化粧箱と、きらきー紅茶単体を買いました。紅茶のみながら原稿しています。

DSC_0352.jpg

初パラボリカ・ビスでしたが何度かいったことのある茜ちゃんと2人で行ったので、道案内はおまかせ。浅草橋は人形のお店やアクセサリー・パーツなどのお店が集まっているようで、散策したら楽しそうだな~と思いました。


ギャラリーに着くと、土曜日だったので中々の混雑。ローゼンファンと思われる男性の方も見かけましたが、同時開催が今井キラ展だったのもあってか、女性のお客様が多かったです。


まずは物販スペースを通って、カラー絵の展示を眺めました。CGイラスト展示って結局のところポスター展だよなぁ、と思いつつも、大きなサイズで展示されるとコミックスでは気付かなかった発見があって楽しかったです。
CGであっても、ももたね先生のタッチは独特だと思うのですが、どういういきさつであの塗りにたどり着いたのかな?と思いをめぐらせつつ…。


お部屋は変わって、モノクロ原画の展示。
65話あたり~最終回の原画がありましたが、ローゼンってアナログで描かれたマンガだったのかー!CGで処理したであろうコマが印象的だったので、デジタルで描かれたマンガだと思っていました。
(CG処理っぽい部分はプリントアウトされたものが原画に貼られてありました。)

少女マンガのような細やかなペンタッチに惚れ惚れ。
デジタルでささっとやってるのかな~と勝手に思ってたトーン処理も、細かく削って重ね貼りされていて素晴らしかったです。
デジタルも発展してるけれど、アナログの方がイメージ通りにできることってまだまだ沢山あるのでしょうね。

あとドールズの設定画なんかも。これは貴重だ~。
真紅設定画に「背中のリボンがスカートを吊り上げている」といった感じのメモが記載されていて、今度意識して描いてみたいな、と思いましたw


そして今回は特別展覧として恋月姫ドールの展示も!
わー写真でしか見たことのない憧れの恋月姫ドールがこんな近くで見られるなんてー!感動でした。美しかったです。
双子人形なのがまた素晴らしくて、衣装もかわいくって。


2階が受付・物販と原画の展示でしたが、1階では、コイケジュンコさんのマンガのセリフをきりとったインスタントレーションや、アリスの繭、西織銀さんのトリビュート薔薇乙女ドールズの展示。

セリフは皆でアレコレのシーンを思い出したり、フリルみたいな飾りが混ざってたりで楽しく、アリスの繭も人形の腕が見えてるのがそれらしくて面白かったです。

西織さんの薔薇乙女の美しいこと!人形衣装の素晴らしいこと!
人形・服あわせてイメージそのまま…銀ちゃん、アレンジがすごい…きらきーという印象。


銀ちゃん、衣装制作の方があえてのレザーで黒服部分をつくったそうですが、ベロアに比べてとってもすっきりシャープな印象で、ベロアの真紅との対比がとても良かったです。
双子の襟レースの使い方も豪華で、雰囲気が可憐だった…。

あと金糸雀ちゃんのふちのレースが羽根っぽくてかわいい!元はリーフ型のレースなのかな?でもうまく組み合わせて羽根に見えなくもないというか。元のデザインと合致しつつ、名前のイメージにぴったり。
雛苺のふわふわ感もよかったな~。

金糸雀ちゃんのレース、他の方も同じ感想を持ってるので、狙ってつくりあげているのだよね。
まんがstyleさんのレポは写真付きなのでありがたい。ただ見に行っても一般人は写真とれないものね↓
ttp://manga-style.jp/press/?p=12155

ローゼン二次創作絵とか見てると、アレンジされている絵もあって「こういう描き方もできるのか」って感心することが多々ありますが、三次立体でもその感覚を味わえました。うしろからも覗いてみたかったな~。


同時開催の今井キラさんの絵も、繊細なタッチで素晴らしかったです。今井さんの少女たちの遠くをみつめるような瞳と、絶妙な曲線の足がすごく好きです。


ローゼン展の帰りは大学時代のお友達とお台場のホテルでアフタヌーンティーを飲みました。3段トレイはいつだって憧れ。
オレンジ色の編み上げリボンを見て、金糸雀ちゃんを思い出していました。
真紅が目覚めたらまた皆で仲良くお茶会をして頂きたいものです。

DSC_0350.jpg

あとお友達からラデュレのマカロンをいただきました。わー、ありがとう、初ラデュレ!

ラデュレといえば、薔薇の花びらチークが大変かわいらしくて、薔薇乙女好きとしては欲しい薔薇アイテムでございましたが、私のような者がチークに諭吉をかけるのも…そもそも汚部屋だから飾れもしないし…と結局、手を出せずにいます。
今年の夏の限定フェイスカラーは貝殻型でしたね。乙女の好みを的確に射抜いていて素晴らしいなぁ、と思います。

DSC_0351.jpg

枠が箔押しされた小箱が大変かわいらしかったので、いつか自分でもこんな素敵な箔押しした本を出したいなぁ、と思っています。装丁厨です。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ご案内

同人サイト「はこのなかのイマジナリィ」の日記です。

カテゴリーリスト

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。